アイザイア・フリードランダー (Isiah Friedlander)


ムービースター・ウェイ にて。

デル・ペロ・ビーチ側の道路沿いに開業している精神科医で、マイケルのセラピーの主治医。愛車は赤のコメット。作家や、ラジオ番組のパーソナリティも勤めている。


パシフィック・ブラフス の、フリードランダーの家の前にて。

マイケルは、週に一度彼のセラピーを受けている。

もの知り気な事を言っているが、実際にはマイケルの愚痴を聞いている程度のことしかしていない。

また、セラピーの度に、難癖をつけて価格をつり上げ、マイケルから暴利をむさぼっている。

マイケルとアマンダがセラピーを受けた際には、ほんの数分、しかもアマンダとマイケルは口喧嘩をしただけで本人は全く関与しなかったにも関わらず、4000ドル(1ドル100円と考えて40万円)も支払わせた。


マイケルが人を殺した話をしても平然と聞いているなど、ある意味達観した思想の持ち主であり、マイケルも彼を信頼していたが、実は、マイケルとのセラピーをネタにした本を書いて出版していた。

この著書の中でマイケルは『マーキー・デサントス』の仮名で登場しており、 

  • 知的水準が低く 
  • 強盗犯の過去を持つと思われ 
  • 妄想癖のある社会不適合者であるこの男の 
  • 恐ろしく時に滑稽な症状を描写 

するなど、そのまんまマイケルである(しかも悪意があるw)。

さらには、メディアに対し

  • 犯罪に手を染めるほどに正常な精神を失い、妄想に取りつかれた患者の相手をするのは無益だ 

などと語っており、これもやっぱりそのまんまマイケルであるw
 
この本で一躍有名となり、テレビ番組が決まったようで、隠しミッション『放棄』では、自身のテレビ番組が決まった事、ロスサントスから離れる事をマイケルに伝える。

私をモジャモジャ頭と呼んだクソ女ども!今度はおしゃぶり待ちの列に並ぶんだな』などと本性を現して喜々とするが、これまでのマイケルとのセラピーをネタすることをマイケルに勘づかれてしまい、マイケルは激高。愛車のコメットで逃走を図るも、ブチ殺される。


イベントでは、逃走を図った際に見逃す事も可能だが、あまりの胡散臭さとクズぶりなので、確実に仕留めておきたいところ。


撮影するために銃で殺害したが、大抵はこんな風に、コメットが発進する前に爆殺するのが簡単ですw